コスメとメイクのエキスパート

ドラッグストアで働いている美容部員のほとんどが未経験からのスタートです。

前もって知識がなくても、店舗に出る前の研修があるので心配いりません。

その会社によっては何度か行われるテストに合格しないと店舗に出られないといいます。

お客様の肌に何かトラブルが起きてしまっては大変ですから、知識を入れ込むことが必要なのですね。

そしてドラッグストアでは何社もの化粧品を取り扱っているので、さらに各メーカーの研修に出る必要があります。

そこではメーカーによって異なる化粧品開発の重点を知ることになるでしょう。

また季節ごとに発売される新製品に合わせての研修やメイクの研修もあり、そのときは美容部員がお互いの顔にメイクの練習をし合います。

それからお客様の肌の状態を確認するタッチアップの練習も必要です。

厳しい研修が終わりいざ店舗に配属されたら、接客態度はもちろん立ち姿勢にも気を配ります。

ドラッグストアでは商品出しの多さに驚くかもしれません。

店舗によってはそれで半日潰れてしまうこともあります。

そして毎月販売ノルマがあり、その月に販売強化しなければいけないメーカーも指示されます。

陳列の工夫をしたりお客様にアピールしたりして、売れる工夫をしましょう。

大変なことは多いですが、美容部員は最新商品を真っ先に知ることができ、それを無料でもらうことができます。

またお客様から「肌の状態が良くなったのはあなたのお陰」「また買いに来ます」などの言葉をいただくと、やりがいを感じることができるでしょう。

今は正社員の他にもバイトやパート、契約社員などさまざまな業務形態で働くことができます。

化粧品好きならば挑戦してみるといいかもしれません。

特にアルバイトは人気が高いので、応募する際にはしっかりと事前準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です