専門家のサポート役として

ドラッグストアのバイトの場合、時給はコンビニやスーパーなどの小売業と比較すると若干高めの設定です。

働くメリットとしては高い化粧品や医薬品が従業員割引で安く購入できたり、生活必需品の商品知識が豊富になったり、サンプルがもらえたりすることです。

デメリットとしては、体の調子の良くない客が来ることが多いので、自身の体調も崩しやすくなることや医薬品や化粧品などの専門性の高い商品を取り扱っているので、生半可な知識では太刀打ちできず、接客の対応が難しいことです。

ドラッグストアのバイトとして勤務する際に必要なことは、やはり医薬品や化粧品の知識を増やすことです。

お客さんにいきなり商品名や成分名を言われてもわからないことが多いです。

薬剤師や化粧品担当者などの専門的知識を持っている従業員が常に対応できるとは限らないので、ある程度の商品知識や特徴を理解しておく必要があります。

定期的に店舗内で勉強会を開催してもらったり、自分でも学習して知識を増やします。

その努力が顧客に満足を与え、おすすめの商品を購入してもらい、また来店していただけるようになります。

ただし、医薬品、化粧品の販売には気を付けなければならないことがあります。

あくまで専門家のサポートとして、勤務することです。

医薬品や化粧品は使い方を誤ると重大な事故が発生することがあります。

効能、効果は言わないようにし、少しでもわからないことがあったら、接客は専門家にまかせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です